楽器の日

「楽器の日」は祭日にこそなっていませんが、芸事の稽古を始めるには6歳の6月6日が良いという昔からの慣わしから、1970年に全国楽器協会が制定したもので、この日から始めると上達が早いと言われています。

また、指を折って数えると6の数字の時に小指が立つ形になり、「子が立つ」という見立てになるからとも言われています。

この6月6日は「おけいこの日」、「いけばなの日」にもなっています。やはり芸事は6月6日から始めると上達するとの理由からです。

楽器の日には、全国各地で記念コンサートやイベントが開催される予定です。

詳細につきましては、楽器の日のホームページをご参照ください。

タイトルとURLをコピーしました