夏の終わり

あの酷暑、猛暑はさすがに一段落。考えてみれば8月7日が立秋でしたので今は残暑ということです。実際朝晩の気温等は秋の気配を感じる日も増えてきました。

「秋きぬと目にはさやかに見えねども 風のおとにぞおどろかれぬる」 藤原敏行

新古今集に収められている歌です。秋は突然やってくるのではなく静かに知らず知らずのうちに、というところでしょうか。現代においても夏の終わりを唄った歌は「さよなら夏の日」、「少年時代」、「夏の終わりのハーモニー」などロマンチックな歌がおおいですね。…日本人は昔からこの季節に敏感だったということ。音楽療法の現場では「少年時代」の人気が高いです。

タイトルとURLをコピーしました