煤払い

12月10日の東京地方は今年一番の冷え込みになりました。

さて今月13日は「煤払い」。新年に年神様(としがみさま)を迎えるにあたって、家の内外の煤(すす)や塵(ちり)を払い、清掃する行事。煤掃きともいいます。

この日に行うようになったのは江戸時代。江戸城の煤払い日の日に民間がそれに倣ったようです。

音楽療法の現場では少し早いかもしれませんが「お正月」が歌われはじめる時期です。。

♪もういくつねるとお正月~の歌いだし、誰もが口ずさんでいる歌。作詞は東くめ、作曲はあの瀧廉太郎です。

タイトルとURLをコピーしました