「三寒四温」と「早春賦」

春が待ち遠しい日々です。立春は過ぎていますので「暦の上では春」ではあるのですが、文字通り「♪春は名のみの~」という「早春賦」がぴったりの時期ですね。音楽療法の現場では外せない楽曲です。「♪春と聞かねば知らでありしを 聞けばせかるる胸の想いを~」はまさにこの時期の気持ちを表していると言えるでしょう。

この時期の天候の特徴は「三寒四温」。寒い日が三日ほど続くと、その後四日間ぐらいは暖かいということ。これを繰り返しながら、だんだん暖かくなり、春へと向かいます。固い蕾もほころぶ季節、春はもうすぐです。

タイトルとURLをコピーしました