音楽療法

太鼓・パーカッション

太鼓は表現力豊かな楽器です。大きな音を出したければ「強く」、小さな音を出すのならそっと指先で「トトトトト…」と優しく叩き、感情を表現できます。 それをグループで行いアンサンブルを楽しむ…とてもシンプルですが音楽の根源でもありますね。
音楽療法

コロナ3年目、でも再開を願って!

2020年1月に入りコロナウイルスによるニュースがTV、ラジオで報道されてから、あっという間に列島中に拡大し3年以上経過しています 全国で働く場所、方法などで大きく影響を受けている分野に福祉の仕事があります。 音楽療法で行われている場所は障がい児者、高齢者施設が多いのですが、日々気を付けながら平常の活動を行っている施設、身近に陽性者が出て暫くは活動を休止している高齢者施設が多いのですが、それぞれ判断も取り組みも様々です。長年担当している各講師もご利用者を気にしながらも再開を待ちわびている人も多く、ほかの予定を入れないで時々連絡を取りながら一喜一憂している所です。見えないウイルスなので人が交流する場では、お互いにそれぞれが最大の安全対策で日々過ごすことしか防げないとも思えます。音楽療法、音楽活動への工夫、リアルな交流を切に願って。
音楽療法

椰子の実

高齢者の音楽療法、「夏の歌」のリクエストを受けると必ずと言っていいほど「椰子の実」があがります。 柳田國男が海岸に流れ着いた椰子の実を見つけ、その様子を島崎藤村に伝えました。その話からヒントを得て、「椰子の実」の詩が出来たそうです。 文語調の響きが耳に心地よい名曲ですね。
音楽療法

先日、療育音楽療法の参加者から嬉しいお言葉をいただきました。 『私たちは家族だからね!』 「私たち」というのは、その言葉をかけてくれた「参加者」と筆者「療育音楽療法士」のことです。 「家族だから。私たちは繋がっているからね。」といった意味で話してくださいました。 療育音楽を通して、その方との絆が深まっていったのだと感じとても嬉しかったです。 遠く離れていても、会えなくても、絆で繋がっている。 その絆を療育音楽療法で築けたのだと思います。
みんなの家'77

東京は梅雨が明けたにも関わらず、今週は梅雨のような天気です。そんな天気ですが、みんなの家’77から虹が見えました。放課後等デイサービスの利用者のみんなももうすぐ夏休みですね。夏休みも楽しいプログラムを用意してるので楽しみにしてください。
みんなの家'77

みんなの家’77 45周年

障がい児者の音楽施設「みんなの家’77」がオープンしたのは1977年7月7日、45年前です。当時は小平でも緑も畑も多い地域でした。暑い好天の日でした。45周年をもうすぐ迎える今年の7月も猛暑が予報されています。みんなの家を造ろうと覚悟を決めた赤星建彦、筆者はじめスタッフは、暑いけれど初めての重度の障害児童の活動拠点が来たことに関係者からの期待も大きく、嬉しさで暑さを感じないほどでした。  あれから街も交通機関など障がい児者の環境は改善され、スポーツの分野ではパラリンピックでの活躍も記憶に新しいことです。音楽療法も多くの施設で導入されるようになり、社会的にも知られるようになりました。「みんなの家’77」の現在は、放課後等デイサービスは毎日、療育音楽教室は卒業後も参加できる教室でグループ(18人、8人、5人)と個人のクラスがあり、暑さに負けないで通ってきて頂いています。  7月7日、七夕は年1回、天の川での出会いですが、「みんなの家‘77」は毎日、毎週、音楽で出会っています。星の中に赤く輝く星がひとつ、見守っているようです。
その他

熱中症に注意

どうか暑い時間帯には適切に冷房等を活用し、水分補給を行うなどして、熱中症にならないよう十分に注意していただきたいと思います。高齢者は暑さを感じにくい傾向があり「大丈夫」と思っていても知らずのうちに身体は熱中症になってしまうこともあるとのことです。くれぐれもご自愛ください。
その他

7/1は『童謡の日』

今週の金曜日は『童謡の日』です。 1918年、児童文芸誌「赤い鳥」が創刊されたことを記念して、日本童謡協会が制定しました。 童謡には100年以上の歴史があるのですね。 今週は『童謡の日』を話題にして音楽療法をするのも良いですね。 この機会に参加者の好きな童謡をお尋ねするのも楽しいですね♪
その他

ビレッジグリーンの地域交流カフェで人形劇上演

花小金井駅から(実際は田無方面から狭山湖まで)小平駅方面には遊歩道があり、桜、ケヤキ並木、公園もあり散策する人も多く行き交います。「みんなの家’77」近くに「ふるさと村」があり、そのはす向かいに3年前にオープンした障がい者と地域の方と交流できるカフェ「ビレッジグリーン」があります。以前もご紹介したのですがコロナ禍でほとんどが休店状態でした。今年の4月から毎日開店できるようになり、スタッフはお揃いのベレー帽、エプロンでカッコよく決めてお客様を迎える体制です。美味しいコーヒーに100%のフルーツミルクジュースなど好評を得ています。先日、ふるさと村でイベントがあり、大勢子どもたちも来ることから、合わせて開店、本来のミニシアターで4人の障がい者が演じる人形劇「ヘンゼルとグレーテル」を上演しました。コロナ禍で客席を少なくして、それでも立ち見が出て50名の方に見ていただいたようです。この時期、花壇の10種以上の花も咲き揃い、散歩の途中一息入れる場所には最適です。真空管アンプのBGMも心地よく流れています。リズム工房は1998年に立ち上げ、2009年から人形劇に取り組み出前公演を行ってきました。みんなの家’77で療育音楽・音楽療法に取り組んでいた人たちが就労施設でも音楽療法を継続し、ユニークな音楽人形劇を就労の一環として取り組んできたことが生かされています。ようやく地域交流コミュニティテラスの活動が始まりましたが、コロナ禍が収束し、雨にも左右されないオープンが続くことを願い、お知らせするとともに是非お出かけ下さい。お待ちしています。
その他

夏至

一年で最も昼の時間が長くなる日、夏至。2022年の夏至は、昨日6月21日でした。ちなみに、国立天文台のホームページによると、その日の東京の日の出・日の入りの時刻は、 日の出:4時25分、日の入り:19時00分、とのことでした。
タイトルとURLをコピーしました