コロナウイルスと飛沫②

株式会社鈴木楽器製作所は鍵盤ハーモニカの演奏時の飛沫可視化の実験を新日本空調株式会社と行い、演奏時では口元からの飛沫の発音(声)・ロングトーン、タンギング、メロディ奏法(強め、弱め)で行いました。

飛沫の量、飛ぶ速さを観察した結果、いずれも飛沫はほぼ確認されないほどの小さい数値であることが観察されました。

タイトルとURLをコピーしました