音楽療法サービス|公益財団法人東京ミュージック・ボランティア協会

Slide 1
Slide 1

音楽療法サービス

当協会では、音楽療法サービス(赤星式音楽療法)を提供しております。
ご利用者様の希望、施設等での希望を確認し、目的に合わせて行っていきます。
基本はグループセッションですが、個別対応、在宅訪問の実績もございますので、ご相談ください。

当協会では、音楽療法サービス(赤星式音楽療法)を提供しております。ご利用者様の希望、施設等での希望を確認し、目的に合わせて行っていきます。基本はグループセッションですが、個別対応、在宅訪問の実績もございますので、ご相談ください。

主なセッション実績

高齢者領域

特別養護老人ホーム、デイサービス、養護老人ホーム、
グループホーム、介護老人保健施設、デイケア、認知症対応病院、
介護予防事業、保健所等リハビリ事業、自主グループ、在宅訪問 等

特別養護老人ホーム、デイサービス、養護老人ホーム、グループホーム、介護老人保健施設、デイケア、認知症対応病院、介護予防事業、保健所等リハビリ事業、自主グループ、在宅訪問 等

障がい児者領域

就労支援施設B型、生活介護、知的障害者施設、
身体障害者施設、児童発達、放課後等デイサービス、
親の会等の自主グループ、乳幼児クリニック、病院、個別対応 等

就労支援施設B型、生活介護、知的障害者施設、身体障害者施設、児童発達、放課後等デイサービス、親の会等の自主グループ、乳幼児クリニック、病院、個別対応 等

精神科領域

病院、クリニック、デイケア 等

病院、クリニック、デイケア 等

セッション料金

1セッション(60分~)  ¥10,000(税抜)~+実費交通費

1セッション(60分~)
¥10,000(税抜)~+実費交通費

講演会・研修会の依頼について

当協会では、音楽療法をテーマとした講演会・研修会の依頼を承っております。
全国各地の施設、行政などから多くのご依頼をいただいております。
お気軽にお問い合わせください。

当協会では、音楽療法をテーマとした講演会・研修会の依頼を承っております。全国各地の施設、行政などから多くのご依頼をいただいております。お気軽にお問い合わせください。

スーパービジョンについて

当協会には経験豊富なスーパーバイザーが在籍しており、
スーパービジョンを受けることができます。
お気軽にお問い合わせください。

当協会には経験豊富なスーパーバイザーが在籍しており、スーパービジョンを受けることができます。お気軽にお問い合わせください。

ご利用の流れ

  • 1
    お問い合わせ
    まずはお電話かお問い合わせフォームでご連絡ください。
    わからないことは、お気軽にご質問ください。
  • 2
    体験セッション
    ご希望の場合は体験セッションにお伺いいたします。
  • 3
    契約・セッション開始
  • 1. お問い合わせ
    まずはお電話かお問い合わせフォームでご連絡ください。
    わからないことは、お気軽にご質問ください。
  • 2. 体験セッション
    ご希望の場合は体験セッションにお伺いいたします。
  • 3. 契約・セッション開始

Blog

発刊500号になりました。感謝、感謝
協会で発刊している「HAPPY&HEALTHY MUSIC」が、2023年1月発刊で500号となりました。当協会 会長 赤星建彦と理事長 赤星多賀子が昭和50年1月1日に第1号発行、表紙はジャクソンファイブでした。掲載内容は、訪問施設での様...
たき火
全国的に冷え込みが厳しくなるという天気予報ですね。 音楽療法の現場では「たき火」が使われていることでしょう。 1941年(昭和16年)に、NHKのラジオ番組「幼児の時間」の番組案内のテキストである『ラジオ小国民』で詞が発表され、同年の12月に「幼児の時間」の放送内で楽曲が発表されました。戦後の1949年(昭和24年)にも、NHKのラジオ番組「うたのおばさん」で松田トシや安西愛子が歌い、大衆に広まった。2007年(平成19年)には日本の歌百選に選出されました。 自分が子供のころ(昭和30年代)には空き地のあちらこちらで「たきび」をしていました。 さつまいもやジャガイモを放り込んで焼き、ホクホク、熱々の焼き芋を頬張った懐かしい記憶があります。 現代では無謀にたき火をしようものならすぐに消防自動車が駆けつけることになってしまいますかね。
12月22日冬至
赤星式音楽療法で、創設者 赤星建彦会長より療育音楽研修を受講されたベテランの講師から「季節にあった曲を使用しなさい」と赤星会長からよく言われたそうです。少し季節感がない曲を使用すると「今の時期に使う曲ではないだろう」と指摘された事もあったと。高齢者施設や障がい児者施設でも季節感を感じて音楽をすることは非常に大事だと講師からよく聞きます。音楽が与える影響や成果、色々な面でも効果があることも確認されています。コロナ禍で高齢者施設での療育音楽は減っていますが、療育音楽の活動が伸び伸びとできることを願っています。
発刊500号になりました。感謝、感謝
協会で発刊している「HAPPY&HEALTHY MUSIC」が、2023年1月発刊で500号となりました。当協会 会長 赤星建彦と理事長 赤星多賀子が昭和50年1月1日に第1号発行、表紙はジャクソンファイブでした。掲載内容は、訪問施設での様...
たき火
全国的に冷え込みが厳しくなるという天気予報ですね。 音楽療法の現場では「たき火」が使われていることでしょう。 1941年(昭和16年)に、NHKのラジオ番組「幼児の時間」の番組案内のテキストである『ラジオ小国民』で詞が発表され、同年の12月に「幼児の時間」の放送内で楽曲が発表されました。戦後の1949年(昭和24年)にも、NHKのラジオ番組「うたのおばさん」で松田トシや安西愛子が歌い、大衆に広まった。2007年(平成19年)には日本の歌百選に選出されました。 自分が子供のころ(昭和30年代)には空き地のあちらこちらで「たきび」をしていました。 さつまいもやジャガイモを放り込んで焼き、ホクホク、熱々の焼き芋を頬張った懐かしい記憶があります。 現代では無謀にたき火をしようものならすぐに消防自動車が駆けつけることになってしまいますかね。
12月22日冬至
赤星式音楽療法で、創設者 赤星建彦会長より療育音楽研修を受講されたベテランの講師から「季節にあった曲を使用しなさい」と赤星会長からよく言われたそうです。少し季節感がない曲を使用すると「今の時期に使う曲ではないだろう」と指摘された事もあったと。高齢者施設や障がい児者施設でも季節感を感じて音楽をすることは非常に大事だと講師からよく聞きます。音楽が与える影響や成果、色々な面でも効果があることも確認されています。コロナ禍で高齢者施設での療育音楽は減っていますが、療育音楽の活動が伸び伸びとできることを願っています。
タイトルとURLをコピーしました