音楽療法について|公益財団法人東京ミュージック・ボランティア協会

Slide 1
Slide 1

療育音楽(赤星式音楽療法)

療育音楽(赤星式音楽療法)は、
『音楽を使って楽しくリハビリ、そして生きる歓びを!』を目的に、
日本の歴史や音楽の文化を大切にしながら心身の活性化を図る
グループ主体の能動的な音楽療法プログラムです。

療育音楽(赤星式音楽療法)は、『音楽を使って楽しくリハビリ、そして生きる歓びを!』を目的に、日本の歴史や音楽の文化を大切にしながら心身の活性化を図るグループ主体の能動的な音楽療法プログラムです。

心・身体・脳をバランス良く健康に

医療関係者の協力から生まれたプログラム

人と人の繋がりを大切にした音楽療法

療育音楽の三つの基本理念

手を有効に使って
脳を活性化

『手は第二の脳』
手や指を刺激し、残存機能の維持・強化を行う

指先合わせ(指先を刺激するようにリズムをとる)を伴う歌唱やMR(ミュージックリハビリ)楽器などを使用して合奏を行うことで脳機能を刺激し、活性化および機能回復を図ります。

指先合わせ(指先を刺激するようにリズムをとる)を伴う歌唱やMR(ミュージックリハビリ)楽器などを使用して合奏を行うことで脳機能を刺激し、活性化および機能回復を図ります。

呼吸機能の強化

血液の循環を良くし、全身の活性化につなげる

歌唱することで呼吸機能の強化を図ります。歌唱はより深く長い呼吸が自然とできます。対象者の声域にあった選曲・キー・テンポを設定し、大きな声を無理なく発声できるようにします。

リズム感の養成と回復

身体の調和を図り、日常生活のリズムを整える

人間の身体はある一定のリズムを持っています。リズムトレーニングを行うことで、生体と生活のリズムを整え、心身の健康につなげていきます。

研究事業

医療専門家と協力して音楽と健康状態に関する研究を行っています。

1995年11月の全米音楽療法大会では、
創立者の赤星建彦が「みんなの家’77の療育音楽の実際」について発表し、
1997年の第48回大会では全米音楽療法協会・会長バーバラ氏より、
当協会と赤星建彦に「特別会長賞」が贈られました。

音楽が心・身体・脳に与える効能には、大きな可能性が秘められています。
以下、研究活動をご紹介しております。

医療専門家と協力し、音楽と健康状態に関する研究を行っています。

1995年11月の全米音楽療法大会では、創立者の赤星建彦が日本人として初めて音楽療法の研究成果を発表し、当協会の活動が米国でも広く知られるようになりました。さらに1997年の48回大会では、全米音楽療法協会・会長バーバラ氏より当協会と赤星建彦に「特別会長賞」が贈られました。

音楽が心・身体・脳に与える効能には、大きな可能性が秘められています。以下にて研究活動をご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

実績(一部)

実績(一部)

機能回復に役立つ楽器・曲集等の開発

機能回復に役立つ楽器・曲集等の開発

機能回復に役立つ楽器・曲集等の開発を行っています。購入希望の方はご相談ください。

MRスズ

MRスズ

左右に持って演奏するスズで、高音が聞き取りにくい難聴の方にも聞きやすいように音を低くしてあります。突起部分の刺激が脳の活性化に繋がります。

MTタンバ

MRタンバ

持ち手が付いているタンバリンで、半側麻痺の方も片手で演奏できるようになっています。突起部分と叩く指先の刺激が脳の活性化に繋がります。

MTカスタ

MRカスタ

左右に持って演奏するカスタネットで、手の開閉動作と指先への刺激を同時に行います。手指の動きが低下している方のリハビリにも有効です。

音楽療法|シェーカー

シェーカー

左右に持って演奏するスチール缶のシェーカーです。歌いながら上下に振ってリズムを取ることで、手首の柔軟性を図ります。

みんなの唄100曲1,2,3

みんなのうた歌詞集
100曲(1)(2)(3)

「日本国民の本当に好きな歌200曲(1980)」をベースにして制作しました。

>みんなのうた歌詞集100曲(1)
>みんなのうた歌詞集100曲(2)
>みんなのうた歌詞集100曲(3)

みんなの唄 楽譜集205曲

みんなのうた楽譜集
205曲(1)(2)・107曲(3)

歌いやすい音域で、ハーモニーも記譜されたコード付メロディ譜です。

>みんなのうた楽譜集205曲(1)(2)
>みんなのうた楽譜集107曲(3)

心につなぐ歌 歌詞集(1)(2)
(メロディー譜付/音源)

歌いやすい伴奏音源に合わせた歌詞集です。音楽療法で活用される馴染みの曲が詰まっています。

>心につなぐ歌 歌詞集 (1)
>心につなぐ歌 歌詞集 (2)

高齢者のためのベストヒット
(1) (2) (音源)

低音を強化したアレンジで、歌いやすいオリジナル伴奏音源です。

>高齢者のためのベストヒット(1)
>高齢者のためのベストヒット(2)

療育音楽・音楽療法
(教本)

赤星式音楽療法の理論と実践(基礎編・高齢者編・障がい児者編)について書かれた教本です。
療育音楽療法士養成研修会」で使用しています。

「Happy & Healthy Music」
(ヘルシー・ミュージック)

当協会の活動及び音楽療法に役立つ情報を隔月刊誌でお伝えしています。

購入希望の方はご相談ください。

Blog

8月
8月に入りましたね。 8月の音楽療法ではどんな曲が使われるでしょう。 夏ということで、夏の思い出、Summer、真夏の果実、夏色…など。 ひまわりもきれいに咲いていますね。ひまわりの約束…ひまわりの曲もたくさんあります。 暑い日は海に入りたいですね。海がきれいなところへ旅行したいですね。海がイメージされる曲は、うみ、海、我は海の子、浜千鳥、憧れのハワイ航路、椰子の実、かもめの水兵さん、南の島のハメハメハ大王、ひょっこりひょうたん島、島唄…など。 夏祭りということで、東京音頭、炭坑節、夏祭り、花火、アニメではドラえもん、ポケモン、アンパンマン、ちびまる子ちゃんでも『~音頭』という曲が出ています。 夏休みにラジオ体操に参加していましたか?ラジオ体操の歌もいいですね。 甲子園も盛り上がりますね。栄光は君に輝くで甲子園気分を味わいたいですね。 8月11日は山の日ということで、富士の山、箱根八里、高原列車は行く、フニクリ・フニクラ…など。 お盆、里帰りということで、故郷、ふるさと(嵐)、誰か故郷を想わざる、千の風になって、涙そうそう…など。 終戦ということで、長崎の鐘など。 夏の終わりは、少年時代、赤とんぼ、とんぼのめがね…など。 夏にまつわる曲はたくさんあります。音楽で夏を満喫してみるのも良いですね♪
7月後半は一年で一番暑い、特に今年は猛暑。
学校は夏休みになりますが、新型ウイルスの第7派が広まっている7月後半、海、山に出かける気持ちを抑える人も多く、ストレスは溜まっていきます。ストレス発散できることは何か。趣味嗜好がある人は、より力を入れる。またはやってみたいことを10並べて1つずつやってみる。はいかがですか。ニュースなどでも外出を避けて巣ごもり需要が増えている中で、ヒントはネットからの情報が多いとあります。どんな情報もパソコン、携帯1台で繋がっている社会になり便利な反面、リアルに人と人がつながって得られる情報の違いはあります。巣ごもりから趣味嗜好の楽器を始める人が多いとあり、人気なのはウクレレ、ギター、ピアノ(キーボード)のようです。自分の身体を使って音を出す、音楽をする。出来れば他者と一緒に(合奏)する、ストレス発散から楽しさと心地よい快楽が得られます。音楽は老若男女、心身に障がいがある人も参加できます。ストレス発散に、一人でも仲間と一緒に始めてみませんか。別なことを書こうと思っていましたが「音楽で楽しく健康に&生きる歓びを」の療育音楽療法の理念に近づいてきました。また。
幽霊の日、スイカの日
明日7月26日は『幽霊の日』、明後日27日は『スイカの日』。 「今日は何の日でしょう?」を話題に音楽療法を行うのも良いですね。 幽霊の日は…『おばけなんてないさ』『オバケのQ太郎』『ゲゲゲの鬼太郎』など。 スイカの日は…『すいかのめいさんち』 みんなの家'77では、オバケのQ太郎(療育音楽療法士オリジナルダンス)で盛り上がっています♪ また、療育音楽療法士同士の話で、『すいかのめいさんち』の合奏プランを立てている方もいらっしゃいました。 音楽で夏を楽しみたいですね♪
8月
8月に入りましたね。 8月の音楽療法ではどんな曲が使われるでしょう。 夏ということで、夏の思い出、Summer、真夏の果実、夏色…など。 ひまわりもきれいに咲いていますね。ひまわりの約束…ひまわりの曲もたくさんあります。 暑い日は海に入りたいですね。海がきれいなところへ旅行したいですね。海がイメージされる曲は、うみ、海、我は海の子、浜千鳥、憧れのハワイ航路、椰子の実、かもめの水兵さん、南の島のハメハメハ大王、ひょっこりひょうたん島、島唄…など。 夏祭りということで、東京音頭、炭坑節、夏祭り、花火、アニメではドラえもん、ポケモン、アンパンマン、ちびまる子ちゃんでも『~音頭』という曲が出ています。 夏休みにラジオ体操に参加していましたか?ラジオ体操の歌もいいですね。 甲子園も盛り上がりますね。栄光は君に輝くで甲子園気分を味わいたいですね。 8月11日は山の日ということで、富士の山、箱根八里、高原列車は行く、フニクリ・フニクラ…など。 お盆、里帰りということで、故郷、ふるさと(嵐)、誰か故郷を想わざる、千の風になって、涙そうそう…など。 終戦ということで、長崎の鐘など。 夏の終わりは、少年時代、赤とんぼ、とんぼのめがね…など。 夏にまつわる曲はたくさんあります。音楽で夏を満喫してみるのも良いですね♪
7月後半は一年で一番暑い、特に今年は猛暑。
学校は夏休みになりますが、新型ウイルスの第7派が広まっている7月後半、海、山に出かける気持ちを抑える人も多く、ストレスは溜まっていきます。ストレス発散できることは何か。趣味嗜好がある人は、より力を入れる。またはやってみたいことを10並べて1つずつやってみる。はいかがですか。ニュースなどでも外出を避けて巣ごもり需要が増えている中で、ヒントはネットからの情報が多いとあります。どんな情報もパソコン、携帯1台で繋がっている社会になり便利な反面、リアルに人と人がつながって得られる情報の違いはあります。巣ごもりから趣味嗜好の楽器を始める人が多いとあり、人気なのはウクレレ、ギター、ピアノ(キーボード)のようです。自分の身体を使って音を出す、音楽をする。出来れば他者と一緒に(合奏)する、ストレス発散から楽しさと心地よい快楽が得られます。音楽は老若男女、心身に障がいがある人も参加できます。ストレス発散に、一人でも仲間と一緒に始めてみませんか。別なことを書こうと思っていましたが「音楽で楽しく健康に&生きる歓びを」の療育音楽療法の理念に近づいてきました。また。
幽霊の日、スイカの日
明日7月26日は『幽霊の日』、明後日27日は『スイカの日』。 「今日は何の日でしょう?」を話題に音楽療法を行うのも良いですね。 幽霊の日は…『おばけなんてないさ』『オバケのQ太郎』『ゲゲゲの鬼太郎』など。 スイカの日は…『すいかのめいさんち』 みんなの家'77では、オバケのQ太郎(療育音楽療法士オリジナルダンス)で盛り上がっています♪ また、療育音楽療法士同士の話で、『すいかのめいさんち』の合奏プランを立てている方もいらっしゃいました。 音楽で夏を楽しみたいですね♪
タイトルとURLをコピーしました