音楽療法

その他

発刊500号になりました。感謝、感謝

協会で発刊している「HAPPY&HEALTHY MUSIC」が、2023年1月発刊で500号となりました。当協会 会長 赤星建彦と理事長 赤星多賀子が昭和50年1月1日に第1号発行、表紙はジャクソンファイブでした。掲載内容は、訪問施設での様...
音楽療法

たき火

全国的に冷え込みが厳しくなるという天気予報ですね。 音楽療法の現場では「たき火」が使われていることでしょう。 1941年(昭和16年)に、NHKのラジオ番組「幼児の時間」の番組案内のテキストである『ラジオ小国民』で詞が発表され、同年の12月に「幼児の時間」の放送内で楽曲が発表されました。戦後の1949年(昭和24年)にも、NHKのラジオ番組「うたのおばさん」で松田トシや安西愛子が歌い、大衆に広まった。2007年(平成19年)には日本の歌百選に選出されました。 自分が子供のころ(昭和30年代)には空き地のあちらこちらで「たきび」をしていました。 さつまいもやジャガイモを放り込んで焼き、ホクホク、熱々の焼き芋を頬張った懐かしい記憶があります。 現代では無謀にたき火をしようものならすぐに消防自動車が駆けつけることになってしまいますかね。
未分類

12月22日冬至

赤星式音楽療法で、創設者 赤星建彦会長より療育音楽研修を受講されたベテランの講師から「季節にあった曲を使用しなさい」と赤星会長からよく言われたそうです。少し季節感がない曲を使用すると「今の時期に使う曲ではないだろう」と指摘された事もあったと。高齢者施設や障がい児者施設でも季節感を感じて音楽をすることは非常に大事だと講師からよく聞きます。音楽が与える影響や成果、色々な面でも効果があることも確認されています。コロナ禍で高齢者施設での療育音楽は減っていますが、療育音楽の活動が伸び伸びとできることを願っています。
音楽療法

第35回療育音楽療法士養成研修の様子

童謡とは?唱歌とは?と、受講生に向けて講師が聞いている場面がありました
音楽療法

長野県に雲海と朝日を見てきました。

療育音楽では、「やきいもぐーちーぱー」や「もみじ」、「夕焼け小焼け」など季節の歌で身体や手を動かして音楽を楽しめるよう講師は曲選びをします。童謡や唱歌は日本の四季が感じられる素晴らしい曲が多数あります。
音楽療法

瀧廉太郎の組歌から「月」

10月6日、東京は至って涼しく、否、肌寒いくらいの陽気になりました。 秋の歌を探していますと、滝廉太郎の「月」を思い出しました。 組歌「四季」は,1900年(明治33年)に出版された歌曲集で,「花」,「納涼」,「月」,「雪」の4曲からなります。 「花」は♪春のうららの~の歌いだしで、おそらく誰もがご存じの曲ですね。 秋を歌った「月」は滝廉太郎自らが作詞をしている珍しい曲です。 秋の夜長、名曲に耳を傾けるのも良いのではないでしょうか。
音楽療法

学生街の喫茶店

過日、音楽療法情報誌Happy Helthy Musicの取材でお茶の水~神保町を訪れました。筆者が学生時代通った街でもあります。 当時何度となく訪れた喫茶店は40年近くたった今も営業を続けていました。古い作りのこの店、筆者にとってはGARO(ガロ)の「学生街の喫茶店」(1972年)そのものでした。 ♪君とよくこの店に来たものさ~と歌われる歌詞、口ずさめばその当時の様々な記憶が蘇ります。まさに音楽はタイムマシンのようですね。回想法は音楽療法を担う重要な一面です。
音楽療法

発達障害って何ですか? リアル講演会

国立駅近くのホールで~国立の教育を守る市民連絡会・学習会~として開催されました。講師は精神病理学者できのくに子どもの村学園理事の、野田正彰さん。この講演会では本来「発達障害」の定義や基準はあいまいなこと、調査する人によっても判断、結果が違っていることも資料で示されました。普段から仲間と行動、意見が合わないことから変わっていると仲間外れにされたり、教育、医療機関等に相談、「発達障害」と診断され、過剰な投薬でかえって症状が悪化したりする例も多くあると問題視しています。幾つかの新聞の報道記事からも問題があったことを話されました。音楽療法で「発達障害は」対象者が児童の領域では主に自閉症スペクトラム症(ASD)、注意欠陥多動症(ADHD)、学習障害(LD)などと診断された子どもさんが参加しています。音楽ではどのように役立つことが出来るのか。特性を学びそれぞれの個性、趣向などの情報を得て、さらに先人の研究事例、実践の場からの報告などから記録も参考に次のステップに繋いでいます。「発達障害」を理解することが大切ですが、何より一人ひとり症状も行動も違います。音楽療法では目標設定をしますが、まずは楽しく参加してくれることに力を注ぎます。子どもの表情、言葉、行動などの反応を他職員からの意見も得て一方的な情報に寄らず、全方向的に対象者を理解することが大切としています。
音楽療法

中秋の名月

今週土曜日は十五夜、中秋の名月です。「中秋」(仲秋と言うことも)は秋を三区分した真ん中の時期のことで、二十四節気の「白露」から「寒露」の前日まで、おおよそ9月8日〜10月8日の期間を指すという事だそうです。 月の影の模様がウサギに見えることから「月にウサギがいる」というのは昔から語られている伝承です。音楽療法でも「うさぎ うさぎ」は良く使用される曲です。「♪うさぎうさぎ何みてはねる 十五夜お月様みてはねる」…このとても短い歌詞から溢れる世界観と哀愁漂う旋律、わらべ唄の魅力が凝縮されているようです。
音楽療法

療育音楽療法

音楽療法のセッション時間はおよそ60分,4~50分(少し短く感じる)から7~80分もあるし、90分(少し長く感じる)の場合もある。グループセッションで参加人数はその施設により様々、10人前後から50人参加のところが殆どで、地方など年に1回伺う場合、イベント的な意味合いもあり100人を超すときもあります。集まれる場所があることもあり、特別養護老人ホーム、デイサービス、ケアハウス、グループホームの方にも声をかけて参加されます。大勢集まる場所はさすがにPA、マイクの設備は整っていて、伴奏のキーボード、伴奏機器の音源も使用できます。普段は担当職員が工夫してセッションを行っていて、様子も教えてくれます。
タイトルとURLをコピーしました