音楽療法士養成研修会|公益財団法人東京ミュージック・ボランティア協会

Slide 1
Slide 1

療育音楽療法士養成研修会

当協会では、『療育音楽療法士』(赤星式音楽療法を実践する当協会認定音楽療法士)の養成研修会を行っております。
1986年から行われている研修会で、日本全国及び海外からの受講生もおり、数多くの方々が学んでいます。

当協会では、『療育音楽療法士』(赤星式音楽療法を実践する当協会認定音楽療法士)の養成研修会を行っております。

1986年から行われている研修会で、日本全国及び海外からの受講生もおり、数多くの方々が学んでいます。

35年以上の研修実績があります

実践できるように、
基礎理論と実技を平行して学べます

実際のセッション現場で学べます

> Step 1

療育音楽の基本を学ぶ

> Step 2

高齢者コース

高齢者の療育音楽を学ぶ

障害児者コース

障がい児者の療育音楽を学ぶ

高齢者コース

高齢者の療育音楽を学ぶ

障害児者コース

障がい児者の療育音楽を学ぶ

(両コース同時に受講可能)

> Step 3

実践力を身に付ける

認定試験

療育音楽療法士 認定取得

  • 当協会契約施設等でのお仕事をご紹介いたします。
  • 研究事業に携わることができます。
  • 当協会契約施設等でのお仕事をご紹介いたします。
  • 研究事業に携わることができます。
  • 当協会契約施設等でのお仕事をご紹介いたします。
  • 研究事業に携わることができます。

※当協会には経験豊富なスーパーバイザーが在籍しており、スーパービジョンを受けることができます。
お気軽にお問い合わせください。

※当協会には経験豊富なスーパーバイザーが在籍しており、スーパービジョンを受けることができます。お気軽にお問い合わせください。

研修期間

8ヵ月

受講資格

  • word、メールを行うことができる方
  • ピアノの習得レベルがバイエル終了程度以上
  • word、メールを行うことができる方
  • ピアノの習得レベルがバイエル終了程度以上
  • word、メールを行うことができる方
  • ピアノの習得レベルがバイエル終了程度以上

オンデマンド受講

下記の受講条件を満たす方は、動画およびZoomで受講できます。
また、認定試験を郵送・動画審査で受験でき、認定証授与式もZoomで出席可能です。

下記の受講条件を満たす方は、動画およびZoomで受講できます。また、認定試験を郵送・動画審査で受験でき、認定証授与式もZoomで出席可能です。

受講条件

  1. 「受講資格」に該当する方
  2. 東京都・神奈川県・埼玉県以外の療育音楽導入施設・団体で実習できる方
  1. 「受講資格」に該当する方
  2. 東京都・神奈川県・埼玉県以外の療育音楽導入施設・団体で実習できる方

※お申込み前にお問い合わせください。

受講料

高齢者コース 又は 障がい児者コース  一括払い + 教材費 185,680円(税込)
高齢者コース 又は 障がい児者コース  分割払い + 教材費 207,680円(税込)
高齢者・障がい児者 両コース      一括払い + 教材費 284,680円(税込)
高齢者・障がい児者 両コース      分割払い + 教材費 306,680円(税込)
高齢者コース 又は 障がい児者コース  一括払い + 教材費 185,680円(税込)
高齢者コース 又は 障がい児者コース  分割払い + 教材費 207,680円(税込)
高齢者・障がい児者 両コース      一括払い + 教材費 284,680円(税込)
高齢者・障がい児者 両コース      分割払い + 教材費 306,680円(税込)
高齢者コース 又は 障がい児者コース
一括払い + 教材費
185,680円
(税込)
高齢者コース 又は 障がい児者コース
分割払い + 教材費
207,680円
(税込)
高齢者・障がい児者 両コース
一括払い + 教材費
284,680円
(税込)
高齢者・障がい児者 両コース
分割払い + 教材費
306,680円
(税込)

詳細についてはこちらをクリックしてください。

Q&A

A: いいえ。当協会がご紹介させていただきます。

お問い合わせ

通年、お問い合わせを受け付けておりますので、
ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

次期開講は2022年度を予定しております。

通年、お問い合わせを受け付けておりますので、ご興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

Blog

第35回療育音楽療法士養成研修の様子
童謡とは?唱歌とは?と、受講生に向けて講師が聞いている場面がありました
療育音楽療法士養成研修スタートしました。
第35回療育音楽療法士養成講座の様子
「第35回療育音楽療法」指導者養成研修会が10月1日(土)から開催!
毎年7月下旬から開講していた療育音楽療法・指導者養成研修会ですが、コロナ禍で3年ぶりの開催となりました。今まで7月からの開催でしたが、今回は10月からの開催です。参加しやすいように土曜日を中心に、現場で役立つように実習に力を入れ、8ケ月で認定まで行けるように組み直しました。現在、参加者を募集中です。 共通の研修項目、それに障がい者コース、高齢者コースと分け、より専門性を高める内容と日程としました。日程が重ならないので、両方受講することも可能です。現在活躍している講師も研修から認定を経て活躍しています。障がい児者、高齢者の領域で活躍している講師、幼児、児童、成人の心身障がい者に取り組む、高齢者では、元気な高齢者、認知症高齢者のセッションに取り組んでいる講師も活躍しています。現在1期から34期の受講した方が認定の療育音楽療法。セッションリーダとして現場である高齢者施設、障がい児者施設で活躍しています。
第35回療育音楽療法士養成研修の様子
童謡とは?唱歌とは?と、受講生に向けて講師が聞いている場面がありました
療育音楽療法士養成研修スタートしました。
第35回療育音楽療法士養成講座の様子
「第35回療育音楽療法」指導者養成研修会が10月1日(土)から開催!
毎年7月下旬から開講していた療育音楽療法・指導者養成研修会ですが、コロナ禍で3年ぶりの開催となりました。今まで7月からの開催でしたが、今回は10月からの開催です。参加しやすいように土曜日を中心に、現場で役立つように実習に力を入れ、8ケ月で認定まで行けるように組み直しました。現在、参加者を募集中です。 共通の研修項目、それに障がい者コース、高齢者コースと分け、より専門性を高める内容と日程としました。日程が重ならないので、両方受講することも可能です。現在活躍している講師も研修から認定を経て活躍しています。障がい児者、高齢者の領域で活躍している講師、幼児、児童、成人の心身障がい者に取り組む、高齢者では、元気な高齢者、認知症高齢者のセッションに取り組んでいる講師も活躍しています。現在1期から34期の受講した方が認定の療育音楽療法。セッションリーダとして現場である高齢者施設、障がい児者施設で活躍しています。

タイトルとURLをコピーしました