協会について|公益財団法人東京ミュージック・ボランティア協会

ご挨拶

“1972年~今まで”と“これから”

ギター教則本で学んだ難病・筋ジストロフィの少年達と出会い、
創立者赤星建彦と共に音楽療法・療育音楽の道へと歩み始めました。

出会った多くの方に感謝いたします。

創立者赤星建彦は、みんなと一緒に音楽を楽しむのが大好きでした。

重度の障害を抱えていたとしても、指1本・足・頭だけを使って合奏を楽しめること、
そしてリズムにのって歌唱すれば元気になることを提案・実践してきました。

音楽は参加者の気持ちを一つにし、演奏後の笑顔は周りを元気にします。

障がいがあってもなくても、この瞬間に音楽の力が生まれ、生きるエネルギーになると感じています。

これからも是非、ご一緒に歩んで頂ける出会いを熱望しています。

理事長 赤星 多賀子

放課後等デイサービス「みんなの家'77」
放課後等デイサービス「みんなの家'77」
day_service_top
day_service_top

ご挨拶

“1972年~今まで”と“これから”

ギター教則本で学んだ難病・筋ジストロフィの少年達と出会い、
創立者赤星建彦と共に音楽療法・療育音楽の道へと歩み始めました。

出会った多くの方に感謝いたします。

創立者赤星建彦は、みんなと一緒に音楽を楽しむのが大好きでした。

重度の障害を抱えていたとしても、指1本・足・頭だけを使って合奏を楽しめること、
そしてリズムにのって歌唱すれば元気になることを提案・実践してきました。

音楽は参加者の気持ちを一つにし、演奏後の笑顔は周りを元気にします。

障がいがあってもなくても、この瞬間に音楽の力が生まれ、生きるエネルギーになると感じています。

これからも是非、ご一緒に歩んで頂ける出会いを熱望しています。

東京ミュージック・ボランティア協会理事長 赤星 多賀子

理事長 赤星 多賀子

ご挨拶

“1972年~今まで”と“これから”

ギター教則本で学んだ難病・筋ジストロフィの少年達と出会い、
創立者赤星建彦と共に音楽療法・療育音楽の道へと歩み始めました。

出会った多くの方に感謝いたします。

創立者赤星建彦は、みんなと一緒に音楽を楽しむのが大好きでした。

重度の障害を抱えていたとしても、指1本・足・頭だけを使って合奏を楽しめること、
そしてリズムにのって歌唱すれば元気になることを提案・実践してきました。

音楽は参加者の気持ちを一つにし、演奏後の笑顔は周りを元気にします。

障がいがあってもなくても、この瞬間に音楽の力が生まれ、生きるエネルギーになると感じています。

これからも是非、ご一緒に歩んで頂ける出会いを熱望しています。

東京ミュージック・ボランティア協会理事長 赤星 多賀子

理事長 赤星 多賀子

協会概要

名称 公益財団法人東京ミュージック・ボランティア協会
設立 1977年4月
協会本部
所在地
〒187-0001 東京都小平市大沼町6-7-25
新宿スタジオ
所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-19-8
TEL 042-343-2596(協会本部)
042-343-2585(放課後等デイサービス)
FAX 042-343-5785
URL https://www.tmva.or.jp
理事長 赤星 多賀子
事業内容 (1)心身障がい児者及び高齢者への音楽療法サービス事業
(2)心身障がい児に対する児童福祉法に基づく障がい児通所支援事業
(3)心身障がい児者及び高齢者を中心とした音楽会の開催
(4)心身障がい児者及び高齢者のための音楽指導者の養成・資格付与に関する事業
(5)歌唱や楽器を使って演奏することによる人体に及ぼす影響についての調査研究に関する事業

創立者 赤星 建彦

“幅広い音楽人生が役立ち、障がい児者と高齢者に歓ばれてライフワークとなった「療育音楽の活動」に全力を注げられたことに感謝”

1921年東京都本郷生まれ。中学時代兄からギターを習い、独学で作曲・編曲を習得。演奏活動等音楽の道に進む。東宝の専属として劇場の音楽監督を務め、ポリドールレコード専属作曲家、他レコード会社で作曲・編曲活動、ギター・ドラムなど楽器の教則本を手掛ける。また、ラジオ・テレビの音楽番組の制作を行う。そして、自身が制作したギター教則本で学ぶ筋ジストロフィの少年たちとの出会いがきっかけとなり音楽療法の道に進む。

1972年より全都道府県及び、アメリカ(ロサンゼルス)・ブラジル・タイ・台湾・マレーシア等の各国で講演会と研修及びセッションを行い、大学等の教育機関で特別講義を実施。全米音楽療法協会等で研究事業を多数発表。障がい児者と高齢者、誰でも参加できる楽しい療育音楽プログラムを実践し、ライフワークとして91歳まで現役で活動した。

1974年 ファミリー・ミュージック・アソシエーション設立。1977年4月、財団法人東京ミュージック・ボランティア協会設立および理事長就任。1991年会長就任。1997年全米音楽療法協会より長年の活動を評価され、日本人として初めて特別会長賞を受賞。他、多数受賞。NHK教育テレビ「お達者くらぶ~やってみましょう、ハーモニカで楽しく~」、NHK総合「日野原重明・赤星建彦 現役人生まっしぐら」他、多数出演。「ドレミでリハビリ~お年寄りと障害者のための療育音楽~」「認知症の予防と改善」「認知症高齢者と楽しむ懐かしの名曲」他、著書多数。その他、新聞記事等で多数掲載。

“幅広い音楽人生が役立ち、障がい児者と高齢者に歓ばれてライフワークとなった「療育音楽の活動」に全力を注げられたことに感謝”

1921年東京都本郷生まれ。中学時代兄からギターを習い、独学で作曲・編曲を習得。演奏活動等音楽の道に進む。東宝の専属として劇場の音楽監督を務め、ポリドールレコード専属作曲家、他レコード会社で作曲・編曲活動、ギター・ドラムなど楽器の教則本を手掛ける。また、ラジオ・テレビの音楽番組の制作を行う。そして、自身が制作したギター教則本で学ぶ筋ジストロフィの少年たちとの出会いがきっかけとなり音楽療法の道に進む。

1972年より全都道府県及び、アメリカ(ロサンゼルス)・ブラジル・タイ・台湾・マレーシア等の各国で講演会と研修およびセッションを行い、大学等の教育機関で特別講義を実施。全米音楽療法協会等で研究事業を多数発表。障がい児者と高齢者、誰でも参加できる楽しい療育音楽プログラムを実践し、ライフワークとして91歳まで現役で活動した。

1974年 ファミリー・ミュージック・アソシエーション設立。1977年4月、財団法人東京ミュージック・ボランティア協会設立および理事長就任。1991年会長就任。1997年全米音楽療法協会より長年の活動を評価され、日本人として初めて特別会長賞を受賞。他、多数受賞。NHK教育テレビ「お達者くらぶ~やってみましょう、ハーモニカで楽しく~」、NHKワールド・ラジオ日本「Japan & the 44 Minutes」、NHK総合「日野原重明・赤星建彦 現役人生まっしぐら」他、多数出演。「ドレミでリハビリ~お年寄りと障害者のための療育音楽~」「認知症の予防と改善」「認知症高齢者と楽しむ懐かしの名曲」他、著書多数。その他、新聞記事等で多数掲載。

“幅広い音楽人生が役立ち、障がい児者と高齢者に歓ばれてライフワークとなった「療育音楽の活動」に全力を注げられたことに感謝”

1921年東京都本郷生まれ。中学時代兄からギターを習い、独学で作曲・編曲を習得。演奏活動等音楽の道に進む。東宝の専属として劇場の音楽監督を務め、ポリドールレコード専属作曲家、他レコード会社で作曲・編曲活動、ギター・ドラムなど楽器の教則本を手掛ける。また、ラジオ・テレビの音楽番組の制作を行う。そして、自身が制作したギター教則本で学ぶ筋ジストロフィの少年たちとの出会いがきっかけとなり音楽療法の道に進む。

1972年より全都道府県及び、アメリカ(ロサンゼルス)・ブラジル・タイ・台湾・マレーシア等の各国で講演会と研修およびセッションを行い、大学等の教育機関で特別講義を実施。全米音楽療法協会等で研究事業を多数発表。障がい児者と高齢者、誰でも参加できる楽しい療育音楽プログラムを実践し、ライフワークとして91歳まで現役で活動した。

1974年 ファミリー・ミュージック・アソシエーション設立。1977年4月、財団法人東京ミュージック・ボランティア協会設立および理事長就任。1991年会長就任。1997年全米音楽療法協会より長年の活動を評価され、日本人として初めて特別会長賞を受賞。他、多数受賞。NHK教育テレビ「お達者くらぶ~やってみましょう、ハーモニカで楽しく~」、NHKワールド・ラジオ日本「Japan & the 44 Minutes」、NHK総合「日野原重明・赤星建彦 現役人生まっしぐら」他、多数出演。「ドレミでリハビリ~お年寄りと障害者のための療育音楽~」「認知症の予防と改善」「認知症高齢者と楽しむ懐かしの名曲」他、著書多数。その他、新聞記事等で多数掲載。

協会のあゆみ

  • 東京ミュージック・ボランティア協会の音楽療法

    赤星建彦がカセット付きギター教則本「レッツプレイギター」を制作。
    この教則本で学んだ筋ジストロフィの子どもたちの演奏に触れたことから音楽療法の一歩がはじまる。(1972年)

東京ミュージック・ボランティア協会

赤星建彦がカセット付きギター教則本「レッツプレイギター」を制作。
この教則本で学んだ筋ジストロフィの子どもたちの演奏に触れたことから音楽療法の一歩がはじまる。(1972年)

1975年 第一回みんなの音楽会(ジャンケンポンをもういちど!)

東京ミュージック・ボランティア協会

1977年4月 財団法人東京ミュージック・ボランティア協会設立
1977年7月7日 音楽療法通所施設「みんなの家’77」設立

日本各地で講演会と研修及びセッションを実施

アメリカ(ロサンゼルス)・ブラジル・タイ・台湾・マレーシア等の各国で講演会と研修及びセッションを実施

東京ミュージック・ボランティア協会

1974年から20年間、トランぺッターのニニ・ロッソ氏と全国43施設を訪問するなどの親善活動を実施

1986年 療育音楽・音楽療法指導者養成研修会を開始

東京ミュージック・ボランティア協会

第48回全米音楽療法大会で「特別会長賞」を受賞(1997年)

東京ミュージック・ボランティア協会

REMO社にて、レモ会長とカール・ブルーン氏(全米音楽療法協会特別顧問)

2013年 公益財団法人東京ミュージック・ボランティア協会に移行

2013年 放課後等デイサービスみんなの家’77開始

2017年 みんなの家’77創立40周年記念コンサート

東京ミュージック・ボランティア協会

フェスティバル・ドレミ(公益財団法人ブラジル療育音楽ボランティア協会)

2020年 「みんなの家’77」建物リニューアル

Blog

学生街の喫茶店
過日、音楽療法情報誌Happy Helthy Musicの取材でお茶の水~神保町を訪れました。筆者が学生時代通った街でもあります。 当時何度となく訪れた喫茶店は40年近くたった今も営業を続けていました。古い作りのこの店、筆者にとってはGARO(ガロ)の「学生街の喫茶店」(1972年)そのものでした。 ♪君とよくこの店に来たものさ~と歌われる歌詞、口ずさめばその当時の様々な記憶が蘇ります。まさに音楽はタイムマシンのようですね。回想法は音楽療法を担う重要な一面です。
療育音楽教室 イベント参加します。
暑い夏も過ぎ、涼しい風を感じる事も多くなってきました。 秋といえば、イベントも多い時期となります。 毎週土曜日に実施している療育音楽教室に参加されているメンバーが 小平福祉園で開催される「こすもすまつり」に参加する事となりました。 普段の練習成果を発揮できるよう、メンバーも練習に集中し頑張っています。 今後もイベント参加は積極的に行う予定です。
発達障害って何ですか? リアル講演会
国立駅近くのホールで~国立の教育を守る市民連絡会・学習会~として開催されました。講師は精神病理学者できのくに子どもの村学園理事の、野田正彰さん。この講演会では本来「発達障害」の定義や基準はあいまいなこと、調査する人によっても判断、結果が違っていることも資料で示されました。普段から仲間と行動、意見が合わないことから変わっていると仲間外れにされたり、教育、医療機関等に相談、「発達障害」と診断され、過剰な投薬でかえって症状が悪化したりする例も多くあると問題視しています。幾つかの新聞の報道記事からも問題があったことを話されました。音楽療法で「発達障害は」対象者が児童の領域では主に自閉症スペクトラム症(ASD)、注意欠陥多動症(ADHD)、学習障害(LD)などと診断された子どもさんが参加しています。音楽ではどのように役立つことが出来るのか。特性を学びそれぞれの個性、趣向などの情報を得て、さらに先人の研究事例、実践の場からの報告などから記録も参考に次のステップに繋いでいます。「発達障害」を理解することが大切ですが、何より一人ひとり症状も行動も違います。音楽療法では目標設定をしますが、まずは楽しく参加してくれることに力を注ぎます。子どもの表情、言葉、行動などの反応を他職員からの意見も得て一方的な情報に寄らず、全方向的に対象者を理解することが大切としています。
学生街の喫茶店
過日、音楽療法情報誌Happy Helthy Musicの取材でお茶の水~神保町を訪れました。筆者が学生時代通った街でもあります。 当時何度となく訪れた喫茶店は40年近くたった今も営業を続けていました。古い作りのこの店、筆者にとってはGARO(ガロ)の「学生街の喫茶店」(1972年)そのものでした。 ♪君とよくこの店に来たものさ~と歌われる歌詞、口ずさめばその当時の様々な記憶が蘇ります。まさに音楽はタイムマシンのようですね。回想法は音楽療法を担う重要な一面です。
療育音楽教室 イベント参加します。
暑い夏も過ぎ、涼しい風を感じる事も多くなってきました。 秋といえば、イベントも多い時期となります。 毎週土曜日に実施している療育音楽教室に参加されているメンバーが 小平福祉園で開催される「こすもすまつり」に参加する事となりました。 普段の練習成果を発揮できるよう、メンバーも練習に集中し頑張っています。 今後もイベント参加は積極的に行う予定です。
発達障害って何ですか? リアル講演会
国立駅近くのホールで~国立の教育を守る市民連絡会・学習会~として開催されました。講師は精神病理学者できのくに子どもの村学園理事の、野田正彰さん。この講演会では本来「発達障害」の定義や基準はあいまいなこと、調査する人によっても判断、結果が違っていることも資料で示されました。普段から仲間と行動、意見が合わないことから変わっていると仲間外れにされたり、教育、医療機関等に相談、「発達障害」と診断され、過剰な投薬でかえって症状が悪化したりする例も多くあると問題視しています。幾つかの新聞の報道記事からも問題があったことを話されました。音楽療法で「発達障害は」対象者が児童の領域では主に自閉症スペクトラム症(ASD)、注意欠陥多動症(ADHD)、学習障害(LD)などと診断された子どもさんが参加しています。音楽ではどのように役立つことが出来るのか。特性を学びそれぞれの個性、趣向などの情報を得て、さらに先人の研究事例、実践の場からの報告などから記録も参考に次のステップに繋いでいます。「発達障害」を理解することが大切ですが、何より一人ひとり症状も行動も違います。音楽療法では目標設定をしますが、まずは楽しく参加してくれることに力を注ぎます。子どもの表情、言葉、行動などの反応を他職員からの意見も得て一方的な情報に寄らず、全方向的に対象者を理解することが大切としています。
タイトルとURLをコピーしました