夏の終わり

今年の夏も終わりに近づいてきました。子どもたちは宿題に汗を流しているところでしょうか。夏の挨拶も「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に変わります。

・暑中見舞い…小暑(7/7頃)~立秋(8/7)の前の日まで。

・残暑見舞い…立秋(8/7頃)~遅くとも8月末くらいまで。

ということです。よく「暦の上では~」という言い回しがありますが、旧暦との違いをずいぶん長い間生活に取り込んでいます。この合理的とは言えない暦を守っているところに日本人たる所以があるのかな等と考えてしまいます。

「行く夏」は俳句の季語。名残惜しむ季節なのでしょうか。

「夏の終わりのハーモニー」(井上揚水/玉木浩二)、「さよなら夏の日」(山下達郎)、「誰もいない海」(トワエモア)などこの季節に歌われる曲も多いですね。

タイトルとURLをコピーしました