NHKのど自慢 番組の工夫

毎週日曜日の昼の生放送で定着している「NHKのど自慢」、コロナ禍で予定を変更して放送されていたのが「お家でパフォーマンス」、2月4週目、司会者のアナウンサー、鐘を叩くのはイラストでしたがいつものように2つと連打。ゲストにさだまさしさんと泉谷しげるさんを迎えての工夫された「のど自慢」を久しぶりに鑑賞しました。

出演者は各地からで、はじめは、親はギター伴奏、子どもは歌で予め出演する人は家から参加、鐘は2つで、講評をさだまさし、泉谷しげるがポイントをついて行います。歌は良かったけれど、お父さんのギターのチューニングが、など。次は6人姉妹の2部コーラスで、長女が88、86、84・・平均年齢82歳という素晴らしいグループ。曲は「栄光は君に輝く」、鐘2つでしたが、充分です。次のギターと口笛でトルコ行進曲を演奏した男性は合格、既に口笛では賞も取っている実力者でした。音楽は先に映像化されたのを、お話部分で司会者、ゲストのやり取りをしているようで、今までの会場で集まっての生番組とは違う方法に、番組の工夫が感じられ楽しめました。

のど自慢

タイトルとURLをコピーしました