旅立ちの日に

小学校や中学校でよく歌われる卒業ソングの中に、

「旅立ちの日に」という曲があります。

みんなの家’77の音楽療法でも、たびたび登場する曲です。

曲が流れてくると、つい卒業の季節の思い出が呼びおこされてきます。

記憶を呼びおこされる、曲のパワーは本当にすごいです。

合唱で歌われることが多いこの曲ですが、

先日面白い話を耳にしました。

ピアノでドレミファソラシドを同時に鳴らすと、

不協和音になりますが

同じ事を声で行うと、不協和音にはならないそうです。

「クロッシング・ハーモニー 」という概念のようです。

声のもつ力もまた、可能性に満ちていますね。

sotsugyo_hanataba

タイトルとURLをコピーしました