もうすぐ衣替え

今日は5月30日。明日で5月が終わります。時の流れは速いですね。

さて、5月が終われば6月。6月1日は「衣替え」です。

四季があり、季節によって天気や気温が変化する日本では、季節ごとに衣類や持ち物を替えて来ました。特に夏冬の季節の変わり目に衣類を改め大切な日でした。制服などについては、一般に6月1日と10月1日が「衣替え」の日となっています。これには、古くからの風習や衣類の歴史があります。

当初は、貴族社会だけの習慣で、年に2回、夏装束と冬装束に替えるだけでしたが、江戸時代の武家社会では年に4回になり、期間も着るものもそれぞれ定められていました。現代においては6月1日と10月1日の2回です。箪笥の中を入れ替えると言うだけでなく衣類のチェックを行い「虫干し」をし、衣類を大切にした日本人の心が感じられる歳時ですね。

タイトルとURLをコピーしました