ちいさい秋みつけた

秋の歌にはたくさんの歌があります。四季の歌の「秋を愛する人は~」では、「心深き人」と歌われています。物思いにふける、思索深いというイメージでしょうか。

数ある歌の中でも「ちいさい秋見つけた」は屈指の名曲です。

1955年に製作されたそうですが、私たちが耳にするのは1962年「みんなのうた」。ボニージャックスのコーラスと藤代清治氏の影絵は忘れる事ができません。

作詞はサトーハチロー氏。自宅の庭のはぜの木が紅葉するのをみたのがきっかけだったそうです。

この歌詞のように、残暑が厳しいこの時期ですが。このところやっと「ちいさい秋」が感じられるようになってきました。

img_5

タイトルとURLをコピーしました