「雨降りお月」

雨降りお月

雨降りお月さん 雲の蔭

お嫁にゆくときゃ 誰とゆく

ひとりで傘(からかさ) さしてゆく
傘(からかさ)ないときゃ 誰とゆく

シャラシャラ シャンシャン 鈴付けた

お馬にゆられて 濡れてゆく

野口雨情の作詞、中山晋平の作曲です。このお嫁さんは野口雨情の奥さんがモデルだったいうことです。音楽療法の場でたくさん歌われていることでしょう。

梅雨は鬱陶しい…そんなイメージですが、やはり人間の心にも幾分かは湿り気が必要だろうと思います。そんなしっとりとしたイメージの曲、名曲ですね。

タイトルとURLをコピーしました