お天気と体調

東京は久しぶりの雨です。お正月は晴れ続き、気温も高く過ごしやすかった分いささか憂鬱でしょうか?

天気といえば、「この昔痛めた膝が痛み出した、明日は曇りか雨。」と言ったり、「低気圧が近づくと偏頭痛がしてくる」といったりするのをよく耳にします。

「気のせい」だと思っていましたが、自分自身が体調不良の時は実感したものです。

お医者さんに聞いたところ、確かに医学的にも「気圧と痛み」に関してはきちんとした理論があるそうです。ただ、「明日低気圧がくる。雨が降る。」と聞いただけで身体がしなくてもいい緊張をしてしまうという事もあるということですから。おおらかな気持ちで過ごしましょう。

雨の歌といえば「あめふり」(北原白秋作詞、中山晋平作曲、大正14年)ですね。音楽療法の場面でもよく歌われて今でも人気のある曲です。

雨降り

 

タイトルとURLをコピーしました