「みんなの家‘77」の上棟式、9月2日に!

療育音楽・音楽療法の実践施設「みんなの家’77」は財団法人東京ミュージック・ボランティア協会創始者の作曲家・赤星建彦が1977年7月7日に障がい児者がリハビリにつながる音楽活動で楽しく交流できる場所として「みんなの家’77」を建設。以来42年経過、老朽化に伴って今回建て直しに、9月2日に上棟式が行われました。

毎日の音楽活動では、参加者みんなでの歌唱、合奏、ドラムセッションもあるので、ご近所、通行人にも聞こえていたのが、防音工事をするので、思い切り音を出せるようになります。3月には完成です。当協会の拠点として大勢の方に利用していただく予定なので、興味のある方は見学にお出かけください。

タイトルとURLをコピーしました