湯島の白梅

1月があっというまに終わり2月。節分、立春も過ぎました。この時期は桜を待ち焦がれながら「梅」を楽しむ時期ですね。

高齢者の音楽療法では「湯島の白梅」(昭和17年)がよく歌われます。泉鏡花の小節を元にして作られた悲恋の歌。♪湯島通れば思い出す~

ちょっと調べたところ主人公の早瀬主税(ちから)とお蔦(おつた)が湯島天神の境内で別れ話をするというシーンは原作には存在しないそうです。

今年の湯島天神の梅祭りは2月8日~3月8日だそうです。今年も多くの人が訪れるのでしょうね。

2015

タイトルとURLをコピーしました