療育音楽三つの心構え

赤星式音楽療法では三つの心構えが重要であると捉えます。

1.心がなければならない

2.相手に合わせる

3.楽しいプログラムを提供する

先週のこのコラムでは「心」について触れました。

今回は「相手に合わせる」について。

対象者の心身の状態を知ることはまず何より大切なことです。

例えば、「音程」や「テンポ」。この設定はとても重要なファクター。

高齢者の施設等で、童謡唱歌のCD(例えば児童合唱団の)に合わせて歌われているのを目に(耳に)したりしますが、高齢者の皆様は到底歌える音程ではなく、いかにも歌いにくそうにしてらっしゃいます。

この1点についてだけでも「相手に合わせる」ことの大事さが示されていると思います。

「相手に合わせる」。とても大切です。

療育音楽三つの心構え

タイトルとURLをコピーしました